土壌作り

 

 土壌は農家の宝  施用資材で将来の土壌が変わるので、資材の善悪を確かめての施用が要です 

 

 

土壌造りの要点

土壌共生菌と病原菌の増殖成分の環境は対照的なので検証して、土壌作りをしましょう。

 

  作物は人が育てるのではなく、作物共生菌が育てるので、人は共生菌が健全に増殖できる資材の施用が大事です。  

 共生菌が健全に増殖するには、光合成に必要なミネラルが必要で、これは病原菌増殖を抑える成分でもあります。

  ネラル

光合成と糖合成に必要なカルシュウム、 マグネシュウム、 カリュウムをベースにリン酸などの 施用と病虫害予防にケイ酸がよく、これらのミネラルは多孔質である点も良いです。  ※有機質のミネラルは微量の多種成分が含まれ、これが生育に関係していると考えられるのです。★難水溶性ミネラルは施用量多いと、土壌蓄積でチッ素と反応し、有害成分作られ、 病原菌のエサとなるのです。 

有効菌も悪環境では病原性に変貌し、土壌障害の要因となる のです。 

                 

肥 料

    作物の栄養バランスは共生菌が調整しているので、菌の健全増殖が必要です。  

チッ素は成長過程で細胞分裂に必要以外は有害効能が多いので検証し、注意して施用するとよいです。

 チッ素は即効性のため、根張り悪くなるのと 特に日照不足多雨でチッ素吸収過多による障害で軟弱徒長生育なるのとカルシュウムなどの吸収を悪くし、糖の合成に影響し、高温で植物体の酸化が進み障害の元になります。

 

チッ素は高温にも低温にも弱くなり、チッ素酸化物による病原菌が増殖するなど、多くの障害発生要因となります。

 

有機質肥料の多くは、産廃を高温で増殖する菌体で処理のため、 高温での多雨 カン水後の高温で多くガスが発生し、ガスと酸素欠乏による根の障害が発生しています。

 

有機肥料は多くが、産廃で成分不明なのと処理が菌体のため、 共生菌増殖する成分環境とは異なり土壌の悪化が考えられるのです。

土壌障害は難水溶性ミネラルと動物性と産廃の有機質肥料<醗酵>によるガスと酸素欠乏による障害です。

 

 ・共生菌の健全増殖を考えた有機質肥料の施用が効果的です・

土壌では菌の増殖で常にガス発生のため、ガスと酸素交換のための土壌の膨軟化が必要です。

菌は増殖後、死活自己消化して核酸、アミノ酸などにして作物に供給しているのです、 また共生菌増殖は作物の生育温度に応じ増殖するため、 天候変化にも安定的で生育し易いのです。

 

 

健全生育の姿は 木硬く、節間短く、葉肉厚で、小さく生育 <糖合成がよい現われです>するのが理想的です

作物の成長は光合成行うのに、チッ素求め根を張り、次に光に向け茎伸ばし、葉広げ 糖質がある程度作られると、次にまた成長のため、チッ素で光に向け茎葉を伸ばし広げますが、 その切り替わりが節間と考えられるのです。 

チッ素多いと,根は張らず茎葉を伸ばし広げるのを先行するため、軟弱徒長生育となるのです。

 

他方、糖質が多いと、次の成長のため、チッ素求めて根をはるのです、その事で丈夫な作物になります。

 

作物の生長はチッ素などの酸性成分を栄養にして生長し、体は常にアルカリに調整しているので、水溶性で吸収できるカルシュウム、マグネシュウムが土壌に必要なのです <難水溶性は酸化の元です>

市場で販売されている製品は、殆どが難水溶性の為、吸収されづ、土壌に残有して有害成分になるのです。

    ・この時、チッ素が多いと,ミネラルの吸収をさらに悪くするのです・

 

 

 作物の主成分は水と糖質です、食味の主成分は糖質にタンパク質です<アミノ酸>

味は微生物が作ります、共生菌の体は主にタンパク質で菌の種類でタンパク質のアミノ酸組成が異なります。 

食味も変わるので、 食味を良くするには共生菌の健全増殖が欠かせないので、 その為には健全増殖できる資材が必要です。

 基本は光合成と糖合成の効率化が要でチッ素過多は糖合成を悪くするので注意すべきです。

食感も大事です、食感を良くするには細胞導管を細かく、数多くなる対策で、それには糖合成の効率化が要です。

 

 

お勧め資材

サンゴパワーK<焼成サンゴ>

 カルシュウム36%(塩化カルシウム95%)、海水中のミネラルが多種で豊富です。

 多孔質で水に溶けやすいので、作物に吸収されます、土壌PHも長期に安定します。

 糖の合成率向上、土壌の膨軟化で根張り<毛根>促進、食味改善、共生菌の健全増で土壌改善には最適なのです。

       

     「畑美人」とは相乗効果で土壌の膨軟化に貢献します。

 

 

    まだ人間が作れない糖質を植物は簡単に作る超能力があります。

   ・農業技術は糖合成の効率化が1にも2にも鍵を握っているのです・

 

 以上「畑の妖精」施用による生育観察で感じた私の結論です 

 

 

  「畑の妖精」・「スーパー液状」・「畑美人」の簡単なHPも是非ご覧下さい。

 

 

 


株式会社 石王(ishio)

〒982-0835

宮城県仙台市太白区桜木町17-24-1F

電話022-229-0581  FAX 022-229-0580

Email:      ishio@co.email.ne.jp