栽培ポイント

          

「畑の妖精」施用で糖合成が良くなる、生育での検証です。

 

糖合成良くならない理由

① 天候   ② 光合成に必要なカルシュウムなどの吸収不足    ③ チッ素過多・チッ素

過多には「畑の妖精」で改善可能です   ④根張り悪い

⑤ 糖質不足による樹勢の低下 などが考えられ、 チッ素過多で、細胞は粗く軟弱に作ら

    れるため、多くの障害に弱く、 作物体は大きくなるが、日持ち悪く食味品質は良くないのです。

 

畑の妖精」が糖合成良くなる理由と生育状態の説明

 糖合成に必要なカルシュウムなどの吸収促進と作物体での保持効果で安定して 糖合成が行われ易いです。

 

※ 糖質多く造られた作物の生育状態 では・・・・

   糖質多く造られると、作物共生菌もより健全に増殖し、チッ素不足すれば作物は外気より導入します

① 細胞は主に糖質で作られます、細胞は細かく数多く作られるため 、 木硬く節間短く、 葉肉厚で、小さく生育します、 細胞の数が多いため保温性よくなり、低温 高温乾燥に強くなります

   作物の肉は糖質のため 肥大も良くなり、 増収と果実の果形 、穀の粒形、 球根の形状、も良く又 品質日持よく 、糖度上がり、食味食感良くなり 作物の付加価値が上がるのです、この為に美味しいと言われるのです。

糖質多いと着色よく冴えた色になる

③ 果菜、 果実は肉厚で芯種部小さく重く育ちます。

④ 糖質多くなると低温霜害、 高温乾燥で保護のため強くなり 作物体にカルシュウム などミネラル保持で酸化抑制と

  病虫害に強くなります。

 

 トマト 軟化、 空洞化予防と種部分少なく、ゼリー多くなる  ・水に沈むと糖度6以上です

メロン 細胞細かく、ネットの網目細かく作られるため、果形よくなり秀品率向上と糖度上がり、色上がり良く 食味食感と日持ちよくなり 重く生育します。

は肉厚で、甘みあり食感食味よく、 重みある生育となります

  作物作りの要は糖合成率アップで、チッ素は糖合成率低下と多くの障害要因となるのです                       

 

 私の栽培ポイント 

 作物は作物との共生菌が育てるので、 人は土壌には共生菌が健全に生きる環境造りが大事です。

 

 ・「畑の妖精」は光合成率向上と生育環境で保護的成分なのです・

 健全生育の姿は作物の 木硬く、節間短く、葉肉厚で、小さく生育は、チッ素少なく糖合成よい現われなのです

   ① 作物作りは作物に大気の二酸化炭素をより多く糖質に合成るかが最大の ポイントです 。 

   ② 光合成と糖合成に必要なカルシュウム マグネシュウム カリュウムで程よい水溶性の 施用を心がける。      

                                                           ・糖合成よいと生産コストも下がる・

   ③ 共生菌の健全増殖のために植物繊維<モロイ繊維質>の施用 も大切です。

   ④ チッ素軽減 、即効性の化成チッ素などは極限に減らす、 即効性は生育を見ての 追肥 が肝心

   ・チッ素は高温 低温に弱くなる、  チッ素少ないと病虫害発生少なくなるのです。

   ⑤ 健全な苗作り <苗はカルシュウムなどミネラルで育てる> 過保護苗は定植後活着く生育問題と天候障害に弱くなる。

      ※昔からの格言で苗半作で初期生育がその後生育に影響します

 

  栽 培 管 理

   ⑥ 樹勢弱ったとき、チッ素肥料は控える 、チッ素は病原喜び増殖する成分です。

  天候管理  高温乾燥からの多雨 、 多いカン水多雨からの好天高温での対策、天候で 勢弱ってから対策行っても、その後の天気で問題がじることが多いのです。        

                                <ですから  コロバヌ先の杖が肝要デス>

  樹勢が最大に弱る天気では

  高温多湿・ 熱帯夜の持続 ・日照不足・多雨多湿の持続から急な好天高温でのしおれ  

  葉先枯れ 、花落ち 、日焼け等発生し易が 、この時期が 開花、  念実 肥大期で、品質肥大、食味に大きく影響し

   その後の天候で障害要因となります。 

    策  好天高温の前や日照不足中に「畑の妖精」の施用で天候の度合いもよりますが 

       予防改善が可能です 常に逆の天気対策に心かけるのも大事です・